« PENTAX Q-S1 | トップページ | お引越し!! »

2018年7月20日 (金)

富士急行6000系 アイカツラッピングトレインを作る

富士急行線で今年3月31日まで走っていた富士急行6000系の6002編成のアイカツラッピングトレインを製作してみました。

6000_at_n_00

↑今回製作する富士急行6000系の6002編成 アイカツラッピングトレイン。

アイカツラッピングトレインはアイカツ!in 富士急ハイランドのイベントの一環で運行されていた車両です。

ベースはTOMYTEC 鉄道コレクションの富士急行オリジナル 6000系[6001号編成] 3両セットを使用しました。

まず車両をNゲージ化するところから始めます。

その作業は簡単なので割愛させていただきます。

ラッピングトレインの製作に当たってはデータがなくてはいけません。

そこで実車の写真を撮り行ってまいりました。

そこからラッピング部分を切り抜き、サイズ調整など編集をして、ステッカー用紙に印刷、きれいに切り取って貼り付ければ完成です。

…ところで皆さんお気付きでしょうか?

アイカツラッピングトレインは6002編成。

この富士急行6000系は6001編成がモデル…

…そういうことです(笑)

私の改造モットーは複雑にし過ぎず、なるべく簡単にです!

複雑に改造しすぎると構造的に弱い部分が出来てしまいすぐ壊れてしまうこともあったり、使用するのに難しい微調整が必要だったりが出てきてしまうので、それは個人的に嫌なので…

…本当は細かいとこまでやりすぎると余計なことをして失敗するからというのが本音です(笑)

というわけで車番などは変更せず“雰囲気”だけでも感じられればな~と思いそのままにしました。

6000_at_n_01

↑側面。

6000_at_n_02

↑反対側側面。

正直細部を見られると業者ではないので荒々しいですが、雰囲気だけは伝わるかなと…

6000_at_n_03

↑正面のヘッドマークも出来る限り再現。

ヘッドマークも実物から切り取りベースになる板紙に貼り付け、ホールポンチで切り抜きしたものを両面テープで貼り付けしました。

こちらも雰囲気だけでも伝わればいいなぁ~レベルの再現度ですね(苦笑)

 

そして、折角アイカツラッピングトレインを作るなら光らせたい!

という事で鉄道コレクションの点灯化の際にお世話になっているイズムワークさんの国鉄205系原形車対応点灯化キットと室内灯を使用させていただきました。

6000_at_n_04

↑前照灯と室内灯が点灯しているクモハ6000。

6000_at_n_05

↑尾灯と室内灯が点灯しているクモハ6000。

6000_at_n_06

↑点灯状態側面

 

一部手抜きの部分もありますが、私は業者ではないので誰に何を言われようと自分が満足してこれでいいと思えばそれでいいんです!

趣味とは自分が満足し、気の合う仲間と共有出来ればいいのです!

アドバイスなら歓迎ですが、一方的な否定はちょっと…

趣味は楽しまなければ意味がないです!

という事でここ最近離れていた鉄道模型にも手を出し始めて、しかも改造する方に走ってしまっています。

パテを盛って削って整形する工程に喜びを感じている気がします(笑)

という事でこれからもちょくちょく私の手に落ちて可哀想な姿になったNゲージがアップされるかもしれないので温かい目で見てあげてください。

« PENTAX Q-S1 | トップページ | お引越し!! »

Nゲージ 加工」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/131958/73521920

この記事へのトラックバック一覧です: 富士急行6000系 アイカツラッピングトレインを作る:

« PENTAX Q-S1 | トップページ | お引越し!! »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30