写真

2018年6月25日 (月)

PENTAX Q-S1

PENTAXのK-1を使い始めてからそろそろ1年ですが、毎日持ち歩くには重く大きすぎます。

かといってコンデジではダイビングで使う兼ね合いがあるので画質や性能が良くても、専用の防水ハウジングがないとダメなのでここが一番のネックでした。

そんな中ミラーレス一眼という選択肢もと思い調べてみると、PENTAXからQ-S1という機種が出ているではないですか!

早速商品を探して展示のみの新古品を見つけて購入しました!

Qs1_01

↑2種類のレンズと本体が入ったセット。

 

Qs1_02

↑早速開封!

本体はトイカメラのような感じですが、ボディキャップを外すときちんとセンサーがありました(当然です!)

レンズは広角から中望遠域(35mm換算で23.0mm~69.0mm相当)をカバーする“02 STANDARD ZOOM”と望遠(35mm換算で69.0mm~207.0mm相当)の“06 TELEPHOTO ZOOM”が入っているのでいつも持ち歩くには十分だと思います。

レンズは小型で、マウントもKマウントではなく、Qマウントとなっています。

 

さて、軽く操作を覚えるのと性能の試しも含め試し撮りをしてみましたが、ISO感度は100~12800あり、多少高感度にしても荒れにくくこの性能にはびっくりしました。

また、連写性能も自分がイメージしていたミラーレス一眼の上を行く感じでした。

ダストリムーバル機能もあるのでセンサーのゴミ問題もある程度防げそうですね。

ただ今まで大きくて重いK-1に慣れていたのでどうも本体の保持やボタン操作など慣れない点があるのでもうしばらくは探りながらの取り扱いになりそうです。

そしてもう1点これはこの固体の問題のようですが、バッテリーを抜くと日時設定がリセットされてしまうのでどうやら内蔵電池がダメになっているのではないかと…

バッテリー交換の度に日時がリセットされては面倒なので早いうちにメーカーへ修理の依頼をしたいものです。

1711_rabi_01

↑爆睡するあかりちゃんを試し撮り。

起きる気配がないです(笑)

2018年6月24日 (日)

6月4日 TRAIN SUITE 四季島を撮る!

TRAIN SUITE 四季島が運行を開始してからそろそろ1年。

未だに撮影は疎か実物を見たこともありませんでした。

折角なのでこの機会に写真に収めたいと思い四季島が通過するルートを調べて撮影しに行ってまいりました。

宇都宮方面の撮影は初めてなので環境がまったく分かりませんでしたが、とりあえず石橋駅を選択しました。

到着してカメラの設定をしようとしましたが、新幹線の高架があるためどうしても影が出来てしまいます。

狙いが無ければロケーションの下見も兼ねてここで撮影しますが、失敗したくないので撮影地を少し考えることに…

1864_de101749_01

↑DE10-1749号機 新鶴見機関区川崎派出/石橋駅

DE10-1749号機が単機で来たのでテストも兼ねて撮影。

しかしこのDE10-1749号機が後に撮影場所の選択に大きな関わりを持つとは思ってもいなかった…

 

結局失敗したくないので高架が離れて開けた撮影場所が確保できる隣の駅、雀宮駅で撮影することに決めました。

早速宇都宮方面へ行く電車に乗り雀宮駅へ…しかしその途中宇都宮貨物ターミナル駅を通過する際先ほど通過していったDE10-1749号機の姿が…

でも単機ではなく後ろに大きな何かが…

何とシキ800形が連結してあったのです!

ここでふとシキが動くという情報があったことを思い出しました。

いやはや不覚でした…

時間を調べると雀宮駅に到着して一番早い上り列車に乗って石橋駅へ戻れば何とか間に合う状況でした。

折角ここまで来たならと雀宮駅で降りて、タッチアンドゴー&タッチアンドゴー(笑)

おかげで何とか石橋駅に戻ることが出来ました!

1864_de10_801_01

↑DE10-1749号機 新鶴見機関区川崎派出+シキ800形貨車 シキ801/石橋駅

DE10-1749号機に牽引されてやって来たシキ800形。

この角度からだとシキ800形の大きさが伝わりにくくて目立たないですね(汗)

1864_de10_801_02

↑DE10-1749号機 新鶴見機関区川崎派出+シキ800形貨車 シキ801/石橋駅

後追い撮影で撮影したシキ800形。

こちらの写真の方がそのサイズ感が少しは伝わってくれるかなと…

 

無事シキ800形を撮影することが出来たので、次はいよいよ四季島です!

四季島の撮影は予定通り雀宮駅で行うことにしたので早速移動です!

カメラの設定と撮影位置の調整の為何度もやってくる車両を撮影。

ここは貨物も来てくれるので飽きませんね~。

1864_eh50039_01

↑EH500-39号機 仙台総合鉄道部/雀宮駅

 

1864_185_b7_01

↑185系 宮オオ B7編成 (回送)/雀宮駅

E231系やE233系ばかりだと流石になぁ~と思っていたら通過電車のアナウンス。

貨物かと思っていると違う様子。

来たのはB7編成+B4編成の185系の回送でした。

 

そしていよいよ四季島通過の時間になりました。

ホームには通過列車の案内が鳴り響きます。

線路の向こう側を見ると何やら見慣れない前照灯をつけた車両がやって来ました。

1864_e001_01

↑E001形EDC方式寝台車 東オク TRAIN SUITE 四季島/雀宮駅

高級クルーズトレインだけあって他の車両とは一線を画すデザインとその存在感…

シャンパンゴールドの車体が太陽光に当たってキラキラ輝く姿はキレイでしたね~

初めて見る私にとっては何もかもが新鮮でした。

ただ車体がピカピカすぎて周りの景色が映りこんでしまいがちなのが悩みどころです…

 

四季島を撮影した後、帰りの電車を待っていると通過電車のアナウンスがあったのでカメラを向けると253系1000番台 OM-N02編成がやって来ました。

1864_253_omn02_01

↑253系1000番台 宮オオ OM-N02編成 (回送)/雀宮駅

こちらも185系と同じく回送でやって来ました。

 

OM-N02編成を撮影後やって来た上り電車に乗って帰路へとつきました。

2018年6月21日 (木)

小田急線撮影&PENTAX K-1 Mark II試し撮り

今回はここの所続いた曇りの中1日だけ晴れてくれたので、PENTAX K-1 Mark IIの試し撮りも兼ねて小田急線撮影に行ってまいりました。

界隈ではLSEが引退するとのことで賑わっていますが、私はまだGSEを撮ったことがないので今回はGSE狙いです。

 

今回主に試したかったのはAF.Cモードでの動体撮影の性能です。

なので撮影は主に正面からの撮影になる百合ヶ丘駅を選択。

まずはテストで通勤車両を撮影。

18619_1000_1057_01

↑小田急1000形 1057編成/百合ヶ丘駅

正面から迫ってくる車両に対してAFがきちんと追随してピントをバッチリ合わせてくれました。

個人的な感覚としてAFの精度、合焦速度、追随性能も良くなっている気がしました。

特に追随性能は動体撮影の強いサポートをしてくれている気がしました。

 

18619_4000_4055_01

↑小田急4000形 4055編成/百合ヶ丘駅

 

18619_exe_30056_01

↑小田急30000形 EXE 30056編成/百合ヶ丘駅

GSEの前にEXEがやって来ました。

 

18619_8000_8066_01

↑小田急8000形 8066編成/百合ヶ丘駅

 

18619_3000_3081_01

↑小田急3000形 3081編成/百合ヶ丘駅

 

18619_1000_1095_01

↑小田急1000形 1095編成/百合ヶ丘駅

前照灯ロービームでやって来た1095編成。

 

18619_gse_70351_01

↑小田急70000形 GSE 70351編成/百合ヶ丘駅

そしてやって来ました70000形 GSE!

全体を鮮やかなローズバーミリオンに包まれ、側面にはロマンスカー伝統のオレンジバーミリオンのラインが入ったなかなか鮮烈な車両ですね。

未来的な感じもする反面、色々な所がすっきりとしすぎて物足りない感もありますね…

展望部分の乗客がはっきり見えてしまうので画像には一部ぼかしを入れてあります。

 

さて、AFの性能が試せたので帰り際に千歳船橋駅のストレートが撮れるポイントへ。

18619_exea_30052_01

↑小田急30000形 EXEα 30052編成/千歳船橋駅

早速来たのはEXEα。

愛称表示機がなくなってしいすっきりとしてしまいました。

愛称表示機を無くすのは最近のロマンスカーの傾向のようですね。

個人的にはあった方がロマンスカーといった感じがします。

 

18619_e233_1_01

↑E233系2000番台 東マト 1編成/千歳船橋駅

常磐線のE233系2000番台。

よく見るとトップナンバーではないですか!

 

18619_vse_50002_01

↑小田急50000形 VSE 50002編成/千歳船橋駅

白い車体のVSEも撮影。

ここには載せませんでしたが、MSEも撮れたのでLSE以外のロマンスカーを撮ることが出来ました。

 

ということで今回はPENTAX K-1 Mark II試し撮りも兼ねての撮影でしたが、思った以上の性能向上にこれからの撮影が楽しみで仕方がないです♪

今回は鉄道でしたが、近いうちに不規則な動きをする“飛びモノ”にもチャレンジしたいと思います!

2017年 臨時列車で鉄分補給

今回は新幹線の写真に続いて去年の臨時列車等の写真を勿体無いのでアップしたいと思います(笑)

 

まずは11月13日に撮影した快速「わくわく舞浜号」でございます。

171113_651_k105_01

↑651系 水カツ K105編成(快速「わくわく舞浜号」)/新木場駅

残念ながら幕は何も出ていませんでした。

新木場で撮影後は回送を撮る為に開催臨海公園へと移動。

171113_651_k105_02

↑651系 水カツ K105編成(快速「わくわく舞浜号」回送)/葛西臨海公園駅

回送でやって来たK105編成。

回送幕も出ていませんでした…

よく見ると運転席の側面窓が開いていました。

ここはこんな風に開くんですね…初めて知りました!

171113_651_k105_03

↑651系 水カツ K105編成(快速「わくわく舞浜号」回送)/葛西臨海公園駅

後追い撮影したところですが、よく見ると乗務員室扉が開いているような気が…

こんなこともあるんですね。

 

こちらは11月18日に撮影した臨時列車たちです。

189_m51_01

↑189系 八トタM51編成(快速 山梨富士号)/高円寺駅

引退して今は無き189系 M51編成です。

 

215_nl4_01

↑215系 東チタ NL-4編成(ホリデー快速ビューやまなし号)/高円寺駅

私の大好きな215系です♪

快速アクティー運用の頃が懐かしいですね~

 

そして最後は年末に設定されたムーンライト信州を撮りにいったときの写真です。

171230_e353_s103_01

↑E353系 長ナノ S103編成/新宿駅

撮影ホームに移動する際にE353系の姿が見えたので撮影。

この時初めてE353系を見ました。

 

新宿駅ホームでN102編成が来るのを待ちますが、すでに数人の撮影者の姿がありました。

割と前の方を確保できたのですが、その後も続々と人が集まってきて、停車するホームも反対側のホームもちょっとしたお祭り騒ぎでした。

171230_189_n102_01

↑189系0番台 長ナノ N102編成/新宿駅

幕回し中。

やはりあさま色でこの幕は外せませんね♪

171230_189_n102_02

↑189系0番台 長ナノ N102編成/新宿駅

幕は快速アルプスに前照灯、尾灯が付いた状態。

171230_189_n102_03

↑189系0番台 長ナノ N102編成(ムーンライト信州)/新宿駅

幕がムーンライト信州になりました。

171230_189_n102_04

↑189系0番台 長ナノ N102編成(ムーンライト信州)/新宿駅

ムーンライト信州の幕アップ!

以前189系のあさま色を使ったムーンライト信州を撮ったのは2007年でした。

そのときはN101編成が運用に入っていました。

当時は撮影している人は私一人くらいでしたが無くなるとなるとこれだけの人が集まるものなんですね…

 

今回も去年のネタで申し訳ございませんでした(苦笑)

まだまだ去年のネタが溜まっていますので小出しにしていこうと思います。

2018年6月20日 (水)

2017年11月29日 新幹線を撮る!

今回は去年11月に大宮駅で撮影した東北へ向かう新幹線を今更ながらアップしたいと思います。

決してシンカリオン人気に便乗ではないですよ(笑)

そもそも撮影と記事のベース製作自体が去年ですからね(笑)

171129_e2_j72_01

↑E2系1000番台 仙セシ J72編成/大宮駅

 

171129_e4_p8_01

↑E4系 新ニシ P8編成/大宮駅

P8編成単体の8両編成。

 

171129_e5_u4_01

↑E5系 仙セシ U4編成/大宮駅

E5系U4編成がやってきましたが、後ろに連結されているのはE3系0番台ですね。

新幹線の情報をまったく調べずに撮影に来たのでE3系0番台が走っていることに驚きです…

残念ながらここからではきれいに撮れないので東京駅から戻ってくるところを狙います。

 

171129_e3_l53_01

↑E3系1000番台 仙カタ L53編成/大宮駅

 

171129_e2_j51_01

↑E2系1000番台 仙セシ J51編成/大宮駅

 

171129_e6_z15_01

↑E6系 秋アキ Z15編成/大宮駅

 

171129_e3_r22_01

↑E3系0番台 秋アキ R22編成/大宮駅

元こまちのE3系0番台。

現在はこまちとしての運用は無く、車体にあったこまちのロゴも消されています。

少し前にE5系U4編成と連結していた編成が折り返しで戻ってきた所を撮ることができました!

この時は営業運転ではなく、回送でやって来たようです。

171129_e3_r22_02

↑E3系0番台 秋アキ R22編成/大宮駅

奥には現在のこまちE6系が見える。

どちらもE5系と連結していて新旧のこまち車両の並びが撮れたのはラッキーでした♪

 

171129_e7_f4_01

↑E7系 長シナ F4編成/大宮駅

 

171129_e5_u9_01

↑E5系 仙セシ U9編成/大宮駅

 

171129_e7_f7_01

↑E7系 長シナ F7編成/大宮駅

 

171129_e4_p10_01

↑E4系 新ニシ P10編成/大宮駅」

P10編成+P20編成の16両編成でやってきました。

大柄な2階建て車両が16両でやってくると流石の迫力ですね~

 

新幹線を撮る場所は限られているのでなかなか撮りに行くことができませんが、また機会があったら新幹線を撮りにいきたいですね~

2018年6月10日 (日)

6月2日 かいじ186号を撮る!

5月3日のあずさ81号に続き、6月は毎週末に189系長野車を使って新宿行きのかいじ186号を走らせるとのことで早速撮りに行ってまいりました。

今回は上り列車なので高円寺駅阿佐ヶ谷駅寄りで撮影してまいりました。

本当は上りがきれいに撮れる場所まで行きたかったのですが、混み具合が分からないのと、撮影したことのない場所では勝手が分からないのでとりあえず安全策として何度か撮影したことのある高円寺駅を選択しました。

1862_e353_s202_01

↑E353系 長モト S202編成/高円寺駅

設定の調整も兼ねてE353系を撮影。

 

1862_e257_m101_01

↑E257系0番台 長モト M-101編成

初めて撮りましたE257系0番台のトップナンバー!

棚から牡丹餅と言った所でしょうか?

思いがけない出会いにうれしくなります♪

 

1862_e233_t1_01

↑E233系0番台 八トタ T1編成

E257系0番台のトップナンバーで喜んでいたらE233系0番台T編成のトップナンバーもやって来ました!

 

色々な車両の撮影を楽しんでいるとあっという間にかいじ186号の通過予定時刻となり、阿佐ヶ谷駅方面を見てみるとあさま色を身にまとった189系の姿が見えてきました!

1862_189_n102_01

↑189系 長ナノ N102編成 (かいじ186号)

撮影直前まで晴れ間が見えていたのですが、徐々に曇ってきてしまい撮影時には完全に曇ってしまいました…

でも他の列車に被ることなく撮影できたのでその点は良かったですね。

2018年6月 9日 (土)

レッドブル・エアレース千葉2018 決勝戦

5月27日海浜幕張でレッドブル・エアレース千葉2018の決勝大会が行われました。

去年は復活した零戦やワールドツアーで来日したDC-3、陸自のヘリコプターによる飛行展示があり、何より室屋選手の自国開催の大会での優勝と大盛り上がりでした。

しかし、今年は毎年恒例となっている千葉市消防航空隊の飛行展示のみでした。

飛行展示は千葉市消防航空隊のみでしたが、はじめに去年の上位3名によるパイロットパレードが行われ、 室屋 義秀選手、ペトル・コプシュタイン、マルティン・ソンカ選手の3名による編隊飛行が行われました。

18527_p_01

↑上位3名による編隊飛行が行われたパイロットパレード

編隊飛行の後は単独で会場上空をローパスしてパイロットパレードは終了。

Round of 14開始までには時間があったのでその間に食事やトイレを済ませ待機することに…

 

13時頃デモフライトが始まり、実際の大会コースを数週回っていきました。

〇EA-300LC

<OE-ARO>

18527_ea300cl_0earo_01

↑大会前のデモフライトをするEA-300LC。

 

14時過ぎいよいよ決勝戦のRound of 14が始まりました!

室屋選手は4試合目のHeat 4でマットホール選手との対戦でした。

ここからはRound of 14での写真を一部載せました。

全選手の写真を載せたかったのですが全部が全部いい写真かというと…

…お察しください(笑)

〇Edge 540 V3

<N721MD #21 マティアス・ドルダラー>

18527_v3_21_01

↑Heat 2 マティアス・ドルダラーのフライト。

 

〇Edge 540 V3

<N806PB #8 マルティン・ソンカ>

18527_v3_8_01

↑Heat 3 マルティン・ソンカのフライト。

 

〇Edge 540 V2

<N26VE #26 ファン・ベラルデ>

18527_v2_26_01

↑Heat 3 ファン・ベラルデのフライト。

 

〇Edge 540 V3

<N540MH #95 マット・ホール>

18527_v3_95_01

↑Heat 4 マットホールのフライト。

この大会の最速記録55.529を出し、この後飛ぶ室屋選手にプレッシャーをかける形となってしまいました。

 

〇Edge 540 V3

<N31YM #31 室屋 義秀>

18527_v3_31_02

↑Heat 4 室屋 義秀のフライト。

第3ゲートを抜けバーティカルターンへ入り、そこで12Gを超えてしまいオーバーGの判定を受けDNFとなってしまいこの時点で敗退となってしまいました…

 

〇Edge 540 V3

<N513AG #18 ペトル・コプシュタイン>

18527_v3_18_01

↑Heat 5 ペトル・コプシュタインのフライト。

 

〇MXS-R

<N540XS #11 ミカエル・ブラジョー>

18527_mxsr_11_01

↑Heat 5 ミカエル・ブラジョーのフライト。

 

〇Edge 540 V3

<N14KN #10 カービー・チャンブリス>

18527_v3_10_01

↑Heat 6 カービー・チャンブリスのフライト。

 

〇Edge 540 V3

<N540BF #99 マイケル・グーリアン>

18527_v3_99_01

↑Heat 7 マイケル・グーリアンのフライト。

 

全14選手がフライトを終えRound of 14は終了。

ここで勝ち残った7名とRound of 14の敗者の中から最速のタイムを出した選手1名がRound of 8に進めます。

しかし、この日は予定があり全工程を見ることが出来ず、Round of 8の前で帰ることに…

ですが、Round of 14とRound of 8の間にサイドアクトがあり、様々な展示が見れるので折角なのでそれらを見てから会場を出ることにしました。

18527_jp_01

↑ジェットパックのパフォーマンスジェットパックマン。

動画やゲームでは目にすることがありましたが、まさか実際に見る日が来るとは思いませんでした…

音はまさしくジェット機の音ですが、そこにいるのはむき出しの人間…

飛んでいる姿はまるでCGみたいでした。

 

毎年恒例の千葉市消防航空隊による展示飛行も行われました。

会場にやって来た千葉市消防航空隊のおおとり1は下部にある空中消火装置から放水!

〇AS365N3 Dauphin 2

<JA03CF 千葉市消防航空隊 おおとり1>

18527_d2_ja03cf_01

↑空中消火装置から放水したおおとり1。

18527_d2_ja03cf_02

↑会場上空をローパスするおおとり1。

18527_d2_ja03cf_03

展示を終わり帰投するおおとり1。

よく見ると中で手を振ってくれています!

 

千葉市消防航空隊の飛行展示を見終わったところで帰りの時間が迫っていたので残念ながらここで会場を後にすることに。

室屋選手がファイナルまで行っていたら予定を変更して会場に残っていたのですが…

折角なので会場を出る前にグッズを購入して帰りましたよ~

ということで今年は室屋選手がRound of 14での敗退となってしまい残念ながら3連覇とはなりませんでしたが、まだ残りの大会もあるので、そこで表彰台に上れるよう応援しています!

2018年6月 7日 (木)

5月7日 East i-Eを撮る

5月3日のあずさ81号撮影以降気が緩んだのか、ゴールデンウィーク中体調を崩してしまいました…

そんな連休も明けた5月7日、検測車両E491系 East i-Eが常磐線を抜けて上野東京ラインを使って品川の方まで走るとのことで、まだ事業車両の類を撮影したことが無かったと思うので折角なので撮影しに行ってまいりました。

とりあえず北小金駅でEast i-Eを待つことに。

1857_e231_101_01

↑E231系0番台 東マト 101編成/北小金駅

待機中に状況の確認と設定の確認ついでにE231系0番台を撮影。

 

通過予想時間ほぼぴったりに遠くから見慣れない車両が見えてきました。

ダイヤ的に中央線のようにあまり被らないので心おだやかな状態で撮影できます(笑)

1857_e491_01

↑E491系 水カツ East i-E/北小金駅

車両前面に取り付けられたカメラ部分がいかにも検測車両感がムンムン出ていて好きですね~

このときは回送だったようです。

 

East i-Eを待っている最中、常磐線のレア車両209系1000番台が我孫子方面へ向かって走っていったのでEast i-E撮影後すぐに綾瀬方面へ向かい金町駅で戻ってくる209系1000番台を狙うことにしました。

1857_209_81_01

↑209系1000番台 東マト 81編成/金町駅

カメラの設定などを済ませるとすぐに209系1000番台がやってきました。

撮影してそのまま乗車して帰宅。

今回もいい収穫でした♪

2018年5月 5日 (土)

5月3日 あずさ81号 ~189の息吹~

ゴールデンウィークということもあり、JRも特急などを増発して観光客などに対応していますが、そんな中あずさ81号が189系 N102編成で走るとのことで情報が入ってから非常に楽しみにしていました。

10年くらい前に新宿駅で撮影したことがありましたが、まだ腕が未熟だったこともあり満足な写真が撮れなかったので今回はリベンジをということで行ってまいりました。

 

天気予報では午前中は天気が怪しかったのでやめようかなと思っていましたが、しばらくすると天候が回復したので私の中央線撮影定番スポット高円寺駅で撮影しました。

 

1853_e259_ne009_01

↑E259系0番台 横クラ Ne009編成/高円寺駅

まずは河口湖へ行く成田エクスプレス8号がやって来ました。

 

1853_e257_nb12_01

↑E257系500番台 千マリ NB-12編成/高円寺駅

回送列車のNB-12編成。

ホリデー快速などの運用の為豊田車両センターへ貸し出しされているみたいですね。

 

1853_e257_m110_01

↑E257系0番台 長モト M-110編成/高円寺駅

M-110編成 かいじ105号。

 

1853_e353_s102_01

↑E353系 長モト S102編成/高円寺駅

新宿駅12時発のスーパーあずさ15号。

 

1853_e353_s103_01

↑E353系 長モト S103編成/高円寺駅

そのあとに続いて新宿駅12時2分発の増発スーパーあずさ79号が通過していきます。

 

1853_189_n102_01

↑189系 長ナノ N102編成/高円寺駅

あずさ81号の発車30分ほど前になり、送り込み回送がやって来ました。

本番に千葉行きの総武線と被って収穫無しは悲しいので、とりあえず保険として後追いで撮影。

 

1853_189_n102_02

↑189系 長ナノ N102編成/高円寺駅

祈りが通じたのか、本番千葉行きと被ることなく撮影できて、10年越しの189系N102編成あさま色のあずさ幕リベンジ撮影成功です!

2018年5月 4日 (金)

2018年4月27日 入間基地 ~カモノハシを求めて…~

前回、西武国分寺線を撮影中にEC-1が飛んでいるのを発見し、久しぶりに航空祭ではなくいつもの入間基地を撮りに行こうと思い27日に行ってまいりました。

今回はひな壇ポイントで撮影をしました。

ポイントに到着してすぐに奥のほうにEC-1が見えました…が、エンジンにはインテークカバーが付けられていました…

これはましや飛ばない…

来て早々嫌な予感ですが、希望を捨てずに撮影開始です。

〇EC-1

<78-1021号機 入間基地 航空戦術教導電子作戦群 電子戦隊>

18427_ec1_021_01

↑奥のほうに駐機しているEC-1。

動いてくれればいいのですが…

 

しばらくすると、チヌークがエンジンを動かし始めました。

〇CH-47J/LR

<47-4490号機 入間基地 入間ヘリコプター空輸隊>

18427_ch47_490_01

↑離陸する490号機。

 

〇CH-47J/LR

<67-4496号機 入間基地 入間ヘリコプター空輸隊>

18427_ch47_469_01

↑ゆっくりと離陸を開始した496号機。

2機のチヌークが独特のローター音を響かせながら離陸していきました。

 

その後はT-4やC-1がタキシングをしてきて順番に離陸。

いつもの入間基地らしいラインナップですね。

〇T-4&C-1

<36-5709号機&58-1013号機&68-1020号機>

18427_irumabase_01

↑離陸しようとするT-4と滑走路への侵入待ちのC-1。

平和な入間基地の日常といった感じの1枚な気がします。

 

〇C-1

<68-1020号機 入間基地 第2輸送航空隊 第402飛行隊>

18427_c1_020_01

↑滑走路へ進入する020号機。

 

〇C-1

<58-1013号機 入間基地 第2輸送航空隊 第402飛行隊>

18427_c1_013_01

↑タキシング中の013号機の正面。

 

T-4、C-1共に離陸してしばらくすると飛行点検隊のU-125が降りてきました。

〇U-125

<39-3042号機 入間基地 飛行点検隊>

18427_u125_042_01

↑滑走路へアプローチする042号機。

 

その後は続々と離陸した機体たちが戻ってきてタッチアンドゴーを数回やって降りていきました。

〇CH-47J/LR

<67-4496号機 入間基地 入間ヘリコプター空輸隊>

18427_ch47_469_02

↑滑走路へ進入する496号機。

もう1機の490号機は私が撮影中には戻ってきませんでした。

 

〇T-4

<76-5757号機 入間基地 中部航空方面隊司令飛行隊>

18427_t4_757_01

↑アプローチする757号機。

翼下パイロンに増槽、胴体下のパイロンにトラベルポッドを吊っています。

 

〇U-125

<29-3041号機 入間基地 飛行点検隊>

18427_u125_041_01

↑041号機が降りてきました。

 

〇T-4

<16-5661号機 入間基地 中部航空方面隊司令飛行隊>

18427_t4_661_01

↑アプローチする661号機。

661号機は何も吊っていないクリーンな状態でした。

 

〇T-4

<26-5674号機 入間基地 中部航空方面隊司令飛行隊>

18427_t4_674_01

↑アプローチする674号機。

674号機には翼下パイロンに増槽でした。

 

〇C-1

<58-1013号機 入間基地 第2輸送航空隊 第402飛行隊>

18427_c1_013_02

↑滑走路へアプローチする013号機。

 

最後はC-1の013号機と020号機がタッチアンドゴーを繰り返していたのですが、帰宅の時間もあるので途中で撤退…

結局EC-1はインテークカバーが外れることは無く、本日のフライトは無し…

この後はゴールデンウィークに入ってしまうのでしばらくは飛ばないでしょうね…

ゴールデンウィーク明けにもう1度チャレンジしてみようかなと思っています。

というところで今回はこの辺で失礼致します。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31