ミリタリー

2013年5月23日 (木)

2013年5月19日 関東補給処創立・霞ヶ浦駐屯地開設記念行事

先日5月19日に行われた関東補給処創立・霞ヶ浦駐屯地開設記念行事に行ってきました。

陸自のイベントへ行くのは初めてでしたがヘリに車両、小火器の展示となかなか見応えがありました♪

今回一番の目当てはアパッチを撮るということで、その目標も無事に達成できて非常に充実した日となりました。

 

○OH-6D JG-1257

OH-6Dは小型で機動性が高く、展示飛行でもその性能を存分に見せてくれたのはいいですが…

早すぎて追いにくい…

正直回転翼の撮影に慣れていないのでどこからどこをファインダーに入れようかと考えている間にファインダーから姿が消えていたり…

練習しないといけませんね…

2013_0519_kasumigaura_fes_oh6d_jg12  

 

 

 

 

2013_0519_kasumigaura_fes_oh6d_jg_2 

 

 

 

 

2013_0519_kasumigaura_fes_oh6d_jg_3  

 

 

 

 

 

○OH-1 JG-2607

観測ヘリコプターのOH-1は偵察任務を主とする機体でその事から“ニンジャ”の愛称がある。

AH-1Sの様なスリムな機体で機動性も非常に高い。

固定武装はないものの自衛用にミサイルを積むことも可能だそうです。

2013_0519_kasumigaura_fes_oh1_jg260  

 

 

 

 

2013_0519_kasumigaura_fes_oh1_jg2_2  

 

 

 

 

2013_0519_kasumigaura_fes_oh1_jg2_3  

 

 

 

 

2013_0519_kasumigaura_fes_oh1_jg2_4  

 

 

 

 

2013_0519_kasumigaura_fes_oh1_jg2_5  

←手を振る操縦士たち

OH-1は高いホバリング能力があり、手を放しても自動でバランスを取ってくれるそうです。

 

 

○UH-60JA JG-3103

UH-60JAは観閲飛行、地上展示のみで残念ながら飛ぶ姿を撮ることが出来ませんでした…

う~ん残念…

2013_0519_kasumigaura_fes_uh60j_jg3  

 

 

 

 

 

○CH-47J JG-2921

こちらはヘリ地上滑走体験搭乗の為にやって来たようです。

抽選で当たった羨ましい人たち(なんかいやらしい言い方するなよww)を乗せて周辺をぐるぐる回っていましたよ。

2013_0519_kasumigaura_fes_ch47j_jg2  

 

 

 

 

2013_0519_kasumigaura_fes_ch47j_j_2  

 

 

 

 

 

○AH-64D JG-4502

念願のアパッチ!!

こちらは地上展示されていたJG-4502。

2013_0519_kasumigaura_fes_ah64d_jg4  

 

 

 

 

2013_0519_kasumigaura_fes_ah64d_j_3   

←M230機関砲!!

メカメカしいスタイルがカッコイイ!

 

 

2013_0519_kasumigaura_fes_ah64d_j_4  

←横からもパシャ♪

見るのはいいですが向けられたくはないですね…

 

 

 

○AH-64D JG-4504

そして本命のAH-64Dの展示飛行!

戦闘ヘリならではの迫力のある飛行に思わずシャッターを押す指が止まりませんww

2013_0519_kasumigaura_fes_ah64d_j_5  

 

 

 

 

2013_0519_kasumigaura_fes_ah64d_j_6  

 

 

 

 

2013_0519_kasumigaura_fes_ah64d_j_7  

←旋回中のAH-64D

こんな角度で撮れるなんて…

さすが展示飛行♪

 

2013_0519_kasumigaura_fes_ah64d_j_8  

←急降下するAH-64D

映画かゲーム画面を見ているような気分です…

 

 

2013_0519_kasumigaura_fes_ah64d_j_9 

 

 

 

 

2013_0519_kasumigaura_fes_ah64d__10  

← ライトのせいか狙われている感が…

でもカッコイイ♪

 

 

2013_0519_kasumigaura_fes_ah64d__11  

 

 

 

 

2013_0519_kasumigaura_fes_ah64d__12  

←30㎜チェーンガンをグルグル回して…

 

 

 

2013_0519_kasumigaura_fes_ah64d__13  

←!!

銃口と目があった!?

アイドルと目線が合ったような衝撃?!

(なんじゃそりゃ?)

2013_0519_kasumigaura_fes_ah64d__14  

←展示飛行を終えて着陸するAH-64D

お疲れ様です…

 

 

 

飛んでいるモノ系はこのくらいで、次に小火器の写真を紹介したいと思います。

車両の写真も入れようかなと思ったのですが、あまり詳しくないので適当なこと書いちゃうと怒られちゃうかもしれませんので割愛させていただきます。

<小火器>

○5.56㎜機関銃 MINIMI

2013_0519_kasumigaura_fes_minimi_01  

 

 

 

 

“ミニミ”ってやつですね。

自衛隊のMINIMIはキャリングハンドルは固定タイプ、ストックもパイプストックと初期型のMINIMIと似ていますが、ヒートカバーが付いているのが見た目の違いです。

フィードカバーを開けた状態と閉じた状態の2挺が展示されていた。

 

○89式5.56㎜小銃

64式小銃の後継として豊和が制作した89式小銃。

拡張性のない作りはいかにも平和その物である。

…決して嫌味ではないのですよ。

東京マルイから次世代89式小銃とかでないかな~とか、TOPから排莢出来る89式小銃が出ないかな~と思うほど好きな銃ですよ。

個人的に見た目はカッコいいと思います。

2013_0519_kasumigaura_fes_89_01  

 

 

 

 

こちらも2挺展示されていましたが、諸事情で1挺のみが写っているものをアップしました。

○64式7.62㎜小銃

陸自ではほとんどの部隊が89式小銃に置き換えられている中まだまだ後方支援部隊や空自、海自、海保などではまだまだ現役である。

…まあ評判はあえて触れませんがww

でも好きですよ64式小銃♪

やはりこちらも東京マルイで出さないかな~とか妄想中ww

TOPの64式小銃は所持しているものの壊れたら…

そう思うと安心はできませんね。

2013_0519_kasumigaura_fes_64_01  

 

 

 

 

こちらもコッキングレバー(槓桿:こうかん)を後退させた状態と、閉鎖された状態の2挺が展示されていた。

○9㎜拳銃

SIG SAUER P220をミネベアがライセンス生産している9㎜拳銃。

シングルカラムマガジンなので小柄な日本人の手でも握りやすいですが…

如何せんマガジンキャッチが操作しにくい!

まあ日本は安全主義で使いやすさや実戦向けというよりも使いにくくても安全に使えた方がいいというお考えなんですね…

実際に戦う現場の人たちの立場はどうなるのやら…

やはり現用のボタンタイプのマガジンキャッチの方が良いと思うんだけどな~

というよりもP226やらダブルカラムでもそんなに握れないってわけでもないし、アンダーレイルも付いて拡張性もある…

もう何も言いませんww

でもやっぱりP220大好きです♪

なんだかんだでタナカのP220は陸自と海自バージョンを持っていたり…

散々文句言った割には…

いつか空自も手に入れて揃えてやるww

2013_0519_kasumigaura_fes_9mm_01  

 

 

 

 

 

○12.7㎜重機関銃

ブローニングM2重機関銃を住友重機械工業がライセンス生産したのがこの12.7㎜重機関銃。

実物を見たのは初めてですが…

デカい!

外国のトイガンメーカーでもいいから出さないかな~

…さすがに無理かな~

って発売されて買っても置き場所がないか…

2013_0519_kasumigaura_fes_127mm_01  

 

 

 

 

2013_0519_kasumigaura_fes_127mm_02  

←フィードカバーを開けた12.7㎜重機関銃

 

 

 

 

<おまけ>

○装備品試乗 90式戦車

抽選で当たった人が90式戦車に乗れる装備品試乗。

もちろん私は抽選券すら貰っていないので乗れるわけもありませんww

とりあえず写真だけは撮っておきました。

2013_0519_kasumigaura_fes_type90tan  

←砲塔の後ろに人を乗せる部分を増設している感じですね。

何と言うか…乗り心地は…

 

 

○AH-64D 機首アップ

AH-64Dのアローヘッドと30㎜チェーンガン部分をアップで撮った写真です。

2013_0519_kasumigaura_fes_omake_02  

←光学機器の怪しくも幻想的な光が美しい

よく見るとサーチライトが消えていく瞬間も写っています。

 

 

いかがでしたでしょうか?

これからも行ける限り自衛隊のイベントに行ってみようと思いますので写真が撮れましたら頑張ってアップします。

ということで今回はこの辺で…

2011年2月 9日 (水)

パンダでステルスな国(笑)

ん~殲20ですか…

ステルスですか…

…どうなんですかね~

スペックとか気になりますよね~

…ステルス…まさか布張り!?

…さすがになわけないかww

よくよく考えると昔の木製とか布張りの飛行機は原始的なステルスですよね~

…まあ性能の差がありすぎますけどねww

そんな冗談はさて置き…

日本のF-Xはどうなるんですかね?

まさか本当にF-35になっちゃうんですか!?

う~ん…ナンセンス…

今の選択肢の中だったら希望はタイフーン♪

(前にも騒いだけど、もっと希望はグリペンww)

F-35は確かにマルチロール機だけど速度の面でスクランブルには向かない気がする。

確かM1.7くらいだったと思うんですが…

その点タイフーンはある程度マルチロールだし、スピードもありと防衛にも十分なんじゃないかなと…

タイフーンじゃなくても、個人的にはスーパークルーズができる機体がいいなぁ

何かとアフターバーナーで燃料食わないし、ある程度省エネになるんじゃww

今なら減税ww

もちろん省エネなんて冗談です。

アフターバーナーは超がつくほど燃費が悪い…

ってそもそも戦闘機の燃費は性能重視ですからもともとが悪いですww

と燃料の話はこれまた置いといて、経済的な面や、運用面からみてもタイフーンがいいのではと思えるんですよね~。

F/A-18E/Fは海軍機であるということを考えると使う部品、器具やなんかも少しずつ違うだろうし、色々な面でも海軍機としての運用教育が必要になるだろうと考えると輸出に柔軟な対応をするといっているタイフーンの方が、整備やその他の面でも日本仕様にある程度対応できるのではないかと…

と色々語ってきましたが…

ステルスの話がどっか消えてましたね…

F-X計画の候補機のほとんどは従来の戦闘機よりレーダー反射断面積が小さくなっている。

やはりトップはF-22ですが、タイフーンもF/A18E/Fに比べて若干ながら、小さくなっているようです。

そう考えるとやっぱタイフーンですよ!!

…まあぶっちゃけると一番の要因は好きだからですよww

でも色々な面で運用しやすいんじゃないですかね?

そもそもF-22に関してまだあきらめてないんですかね…日本は…

そんなにステルスが欲しいのなら心神ちゃんですよ!!!

心神ちゃんを作っちゃえ♪

あれ散々言われたりしてますが、好きですよああいうの♪

ただネックは値段でしょうねww

日本で製造されるものはモノはやはりいいが、ずば抜けて高くなるのが玉に瑕ですね…

(本当に玉に瑕かは微妙ですが…wwでも近いものはあるでしょう)

そんなわけで心神ちゃん製造しましょうよ♪♪

…と馬鹿な落ちとなってしまいましたが(落ちたの?)

今回はこの辺で終わろうと思います。

で、最後におまけ…

Sinsin  

 

 

 

 

 

心神とか描いてみたりww

おにゃのこのイメージはやはり日本といえば、サムライだろと言わんばかりに剣道のイメージですね…

(そのイメージって外人がしそう…)

しかしこういった制服や専用の服というのは実際に着たことがないとどう描いていいのか分かりずらい…

…あれ?

ってかステルスって…隠れて先制攻撃…サムライじゃないじゃんww

結構卑怯じゃないですかww

むしろ忍者?

まあいっか…

細かいことは気にしない♪

というところで今回はこの辺で…

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30